カテゴリー別アーカイブ: 会社周辺情報

日枝神社・山王祭

古くは徳川将軍家の産土神、江戸城の鎮守として知られる日枝神社。6月15日の大祭である山王祭は京都の祇園祭、大阪の天神祭と共に日本三大祭の1つと称されています。

8日(金)は山王祭の中でも隔年開催の「神幸祭」が行われました。神幸祭の起源は1616年といわれ、神輿行列と山車行列が永田町の日枝神社を朝に出発し、靖国神社、皇居坂下門、日本橋日枝神社、日比谷公園、国会議事堂前などを通って夕方に再び日枝神社に戻る、というほぼ半日がかりの壮大なイベントです。

わが東信商事の目の前、鍛冶橋通り宝町交差点付近でも勇壮な現代の王朝絵巻を見ることができました。

総勢500人からなる神輿行列、山車行列は壮観でした。 (但し祭の行列で使われる車道1車線以外は通常通り車が行き交う中でしたので、シャッターチャンスが少なく難儀しました・・・《汗》)

営業グループ・元澤

山王祭①

 

山王祭④

 

山王祭③

 

100円銭湯を満喫

昭和の香り漂う「銭湯」。

先週25日(金)の業務終了後、京橋のお隣・銀座1丁目の「銀座湯」に行って参りました。

銀座湯①遠慮がちにのぼりが立っていますが、毎月第二・第四金曜日は「コミュニティふれあい銭湯」の日で、入浴料金は通常大人1人460円のところこの日は何と100円。(※但し中央区在勤・在住者に限りますが)

番台を通って階段を上がると(1階が女湯、2階が男湯なのです)脱衣場、風呂場とも数年前にリニューアルしたらしく驚くほど古臭さを感じません。早速ロッカーにかばん、衣服を入れてジェットバスを堪能。壁画(タイル画)は銀座和光の夜景で、さすが銀座の銭湯といったところ。この日は普通のお風呂でしたが、第二金曜日には、毎月趣向を凝らしたお風呂にしているとのこと。(5月の第二金曜が「ベラルゴニウムの湯」、6月が「あじさいの湯」など)

銀座湯②また、昨今のランニングブームを反映してか、ここは東京駅から見て皇居の反対側にあるにもかかわらず、皇居ランナーの利用者も少なくないそうです。

近年は家族連れを中心に「スーパー銭湯」の方が人気があり目立っていますが、街なかの銭湯もなかなか頑張っています。

この次は第二金曜日に行ってみようと思った次第です。

営業部・元澤

階段

宝町 A1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遥か下の方に小さく人影が見えます。

こちらは、我が東信商事の最寄り駅、都営浅草線「宝町」駅の更に当社に一番近い出入口「A1出口」です。

小職は毎朝ここを上って通勤しております。ご覧の様にエレベーターやエスカレーターがないのですが、この階段、実は87段あります。途中に踊り場が4か所あるので87段ずっと上り詰めではないのですが、その踊り場も狭い為、朝や夕方など人が多い時間帯には途中で小休止することもできません。この階段の存在を知らずにご来社されたお客様からは、「ここの駅の階段は長いねー!」とたいがいびっくりされます。(特に夏場は・・・) 数年前には少し離れた場所にエレベーター、エスカレーター付きの出入口ができましたが、最寄りのこの場所は未だ階段のみなのです。(写真右上に見える茶色いレンガ模様のビルが当社の入居する「中島ゴールドビル」ですので、出口を出ればすぐそこなのですが・・・)

階段がどうしても苦手な方は、A8出口であればエレベーターとエスカレーターが、A7出口にはエレベーターが、A4、A5出口には「途中までなら」エスカレーターがあります。それから宝町駅とは別に東京メトロ銀座線・京橋駅(最寄りは1番出口)からも当社は徒歩3分前後と近く、京橋駅は地下の比較的浅い場所にあるせいか階段はそれほど長くありませんので、こちらも合わせてご利用されてはいかがでしょうか。

それにしても当社の入居する中島ゴールドビル5階まで、更にエレベーターを使わずに階段を上って出社する誰かさんはスゴイ!? (ビル内はエレベーターがありますのでお客様はご遠慮なくご利用を!)

営業部・元澤

通勤電車

4月に入り、リクルートスーツに身を包んだピカピカの新入さんも多く見かけるようになりました。

 

当社は新たな入社予定もございませんので、毎度のベテランメンバーにて、

皆さまのご来社お問合せをお待ちしております。

 

さて、通勤電車もいつもより少々混雑しているようにも感じます。

なるべく混まない電車で通勤したいものですね。

今朝はこんなかわいらしい電車に乗り合わせました。

 

20180404_083145_resizedリラックマ、

黄色いバージョンでした。

混みあう車内も心なしかリラックスできたようです。

 

20180328_084447_resized

先週末は、青い電車も乗りました。

 

 

 

 

 

実はこちらのリラックマ車両、

リラックマの誕生15周年と京急の創立120周年を迎えるのにちなんでのコラボ電車。

車両ごとにラッピングされたキャラクターが違い、

赤はリラックマの「リラックマのイチゴお祝い号」(新1000形)、

青はコリラックマとチャイロコグマの「コリラックマ&チャイロコグマ がおがお号」(600形)、

黄はキイロイトリの「しあわせのキイロイトリ号」(新1000形)。

 

news_20180310130750-thumb-645xauto-133481残すはイチゴお祝い号、

リラックス通勤に一役かってくれています(^^)。

 

営業部 渡邊

 

↑こちらの画像はネットより拝借

ビルの谷間で <2>

昨年12月に小欄にて当社近くの「天祖神社」(八丁堀3丁目)をご紹介しましたが、今回は銀座1丁目の「安平神社」をご紹介します。小職は決して神社巡りが趣味という訳ではないのですが、高層マンションとその横にわずかに残った緑、そして小さな神社のコントラストがついつい目に留まり、足を止めてしまいました。

安平神社①

 

場所は、銀座で一番のタワーマンション「銀座タワー」のすぐ横。地下駐車場も備えた最新鋭のタワマンと小さな神社のコンビネーションがなんとも不思議な感じです。

 

 

 

安平神社②小さな鳥居をくぐると、2頭の狛犬がお出迎え。これだけならさして珍しくはないのですが・・・

 

 

 

安平神社③奥の拝殿へと進むと、その両脇にはこれまた小さな狐が鎮座しており、この写真では分かりづらいのですが、向かって左の狐は玉を、右の狐は鍵を持っています。玉は望みを表し、鍵がその望みを引き出すといわれています。

銀座といえば1丁目から8丁目までありますが、1丁目は我が東信商事の所在地・京橋のすぐお隣。徒歩圏です。東信商事へお越しの際は、この小さなパワースポットで開運祈願をしてみては?

営業部・元澤

 

ホテルでランチバイキングを

先日、JR東京駅八重洲口にほど近いビジネスホテル「スーパーホテルLohas」1階レストランにランチバイキングに行ってきました。

ランチ②(ロハス)メインは日替わりで3種類からの選択制で、小職はパスタをチョイス。バイキングも十数品目のミックスサラダ、十六穀米、有機栽培味噌使用の味噌汁、自家製豆腐、納豆、ヨーグルト、フルーツと体に優しいメニューが盛り沢山。・・・とこの写真を見て、緑黄色野菜が足りない様な・・・ということで急きょかぼちゃクリームサラダを追加。これにドリンクバーも加えて、値段は税込み1,000円!と今どき1,000円以内で収まるホテルのランチバイキングも珍しいです。味も本格的でお勧めです。では。

ランチ①(ロハス)

営業部・元澤

「京橋」の地

東信商事㈱は東京メトロ銀座線の「京橋駅」近くにあります。

「京橋」は日本橋と銀座を結ぶ中央通りのちょうど真ん中あたりに位置し、
地名の由来はかつて存在した京橋川にかけられていた橋からだそうです。

昔から日本橋とともに文化の一躍を担っていたため東京15区時代の区名や
今日においても地域名としても使用されています。     安藤

DSC_0255DSC_0258DSC_0259 

 

 

ビルの谷間で

先日、昼休みに会社近くでランチの場所を探していると、ビルとビルの間の小さなスペースに神社があるのを見つけました。小職は当社に入って17年目になりますが、この神社の存在は知りませんでした。

天祖神社①鳥居付近には「天祖神社」とこんな小さな神社でもちゃんとした名前があり(当然ですが…)、鳥居をくぐって中へ入るとどことなく神聖な空気が漂っているかの様な気持ちになるのが不思議です。

こんなに小さければ地図にも載っていないだろうと思ったのですが、ちゃんとグーグルマップにもその名前があり、調べるともとは1624年(寛永元年)に日本橋通3丁目に建立され、その後1634年(寛永10年)にこの場所(現在の八丁堀3丁目)へ遷座したそうです。(東京都神社名鑑より) もうここに380年以上あることになります。

もうすぐお正月で初詣の時期ですが、新たな発見があった年の瀬でした。天祖神社②

営業部 元澤

暮を迎えて

そろそろクリスマスの時期を迎え、町は何かときらびやかになりました。

弊社のある「京橋駅」の二つ先にある通称サラリーマンの町「新橋駅」に
週末行ってきました。
最近はどこへ行っても景気が芳しくないせいか以前のような賑わいを
感じらなくなりましたが、やはり「新橋」は違っていました。
人の多さもさることながら大小の店舗にはあふれ出る熱気があり
やはり街自体が非常に活気に満ちていました。
心情的にはやはりこうでなければやはりさみしいです、
わたしは こういう街が大好きです。。

駅前のシンボルでもあるデコレーションされたSLはとてもきれいでした。 K・As_DSC_0221s_DSC_0222