貸金業(3)

◇  お金に関する相談等

貸金業とお金は切り離せないものですので、お金にまつわる相談や苦情も気になるところです。
法的な相談窓口である法テラス(http://www.houterasu.or.jp/)に、サポートダイヤルの統計情報が公表されていました。平成25年12月現在で見ると、金銭の借り入れ相談等が男女・夫婦の問題に次いで多いようです。貸金業に関する相談窓口は、日本貸金業協会(http://www.j-fsa.or.jp/)で対応されています。
ホームページでは、一般の方向けのページも作成されていますのでどなたでもご覧になれます。
下図は、平成26年1月24日に公表された統計データの中からグラフを転載しています。グラフを見る限りでは、相談・苦情件数も減っていますが、お金にまつわる相談は決して少なくないようです。

 協会グラフ260124転載
(日本貸金業協会 月次統計資料【平成26年1月24日UP】より転載)

 

◇  借金と人間の欲求

鎌倉時代の1297年に発令した「永仁の徳政令」は、貧窮に苦しんでいた御家人を救済するために借金の棒引きを実施したとも言われています。現代の過払金とは違いますが、貸し手にとっては厳しい措置でした。借りすぎになる背景はさまざまでしょうが、借り手が返済できない状況は現代に限ったことではないようです。アメリカの心理学者であるマズローが人間の欲求について、人間が自己実現に向けて成長する5段階の欲求説を唱えています。5段階でお金が深く関わるのは、食欲等を満たすための1段階(生理的欲求)や住居や貯蓄等の2段階(安全欲求)でしょうか。衣食住が足りると、人間関係等の3段階(社会的欲求)や自己重要感等の4段階(承認の欲求)になりますが、4段階までを欠乏欲求とも言われます。豊かな社会になっても、多くの人間の心は満たされていないようです。
現在、貸金業者からの個人の借入に対する総量規制が実施されています。法による新たな借りすぎを防ぐ規制ですが、借金問題の本質は別にありそうです。

 

 最後まで、お読みいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>